イギリス旅行

ロンドン旅行④ロンドンday3 憧れの大英博物館。高層ビルからの夜景。

ロンドン旅行day3。最終日の今日は時間に余裕があるので、いちばんの目的地は「大英博物館」。他にはいきたかった観光地、ベイカー街221B、アビーロードスタジオ、戦争博物館、イングリッシュ・ブレイクファースト、フィッシュ&チップス、高層ビルの展望台。すべて回ります!

朝はいい天気でした

Londonday3 01

普段とは違って、こういう旅行の時ってなんで朝ちゃんと起きられるんでしょうね。陽が登り始めた時間に今日の観光をスタートします。再びレンタル自転車を借りて出発です。

Londonday3 04

ロンドンには伝統的な石造りの建築物だけでなく、近代的なビルも多いんですが、この写真のような変な建物もちょいちょいあるんですよね。元は大英帝国なので、いろんな国の人たちがいるからでしょうか。

Londonday3 03

そして、本日、最初の目的地に到着しました。パイプを持ったおっさんの像が立ってますね。

Londonday3 05

はい!こちらはベーカーストリート駅。シャーロックホームズの下宿があった場所「ベーカー街221B」があった場所です。
小説の中だけに存在する番地だったんですが、その後の区画整理などでアビハウスという建物が建てられた際に221Bの番号が振り分けられたそうです。現在はこの建物もなくなり、近くの別の建物にシャーロックホームズ博物館があります。

Londonday3 06

こちらがシャーロックホームズ博物館のある建物です。

Londonday3 07

博物館と聞いたのでもっと大きいのかなと思いましたが、商店の並びにひっそりとありました。早朝なので、もちろん開いてません。この博物館の左に、ホームズの下宿を再現したプレートが付けられています。

Londonday3 08

ドアの上に221Bって書かれていますね。実際の番地は違うそうですが・・・架空のお話が観光の目玉にある典型的な例。元祖聖地巡礼です。

アビーロードスタジオ

Londonday3 09

次に訪れたのがこちら、数々の名レコーディングが行われた伝説のアビーロードスタジオです。

Londonday3 10

観光客が多いからか落書きだらけです。

Londonday3 11

そして、こちらが世界一有名な横断歩道。ある有名人が歩いたことで有名ですよね。

London3 0001

そう多田李衣菜ちゃんです。
ではなくアルバム「アビーロード」でビートルズが歩いているのが、この横断歩道です。現地で見て思ったのは、アルバムの写真はかなり圧縮かかってますね。望遠で撮ってトリミングしたところでしょうか。


“次の記事”
“ロンドン旅行番外編「ロンドンの自転車事情」”

今回のロンドン旅行はイギリスの自転車事情の取材も兼ねて行ったので、いろんな自転車も撮影もしてきました。今回はそれをご紹介 ...


“まとめ記事”
“ロンドン旅行まとめ_見所・移動手段など”

なかなか海外に行けない時期なので、過去の写真を元に旅行記事を作ってみました。いかがだったでしょうか。僕の一人旅はだいたい ...


イングリッシュブレイクファーストを食べる

Londonday3 13

次に目指したのは、お待ちかねの英国風朝食です。
訪れたのは、The Breakfast Clubというそのままの名前のお店です。開店前に行ったのですが人気店なので長蛇の列。そして頼んだのが、こちらのメニューです。(いちばんたくさん入ってそうなのも選びました。)

Londonday3 16

パンとハム、ソーセージ。

Londonday3 17

豆をトマトで煮たものとフライドポテト。

Londonday3 15

卵とマッシュルーム。

Londonday3 14

オプションでサーモンをつけました。

Londonday3 18

これに紅茶がついてフルセット。ボリューム満点で、少し薄めの味ですが大満足でした。イギリスに来て、はじめてまともなご飯を食べた気がします。ちなみに紅茶はTパックでしたがw

大英博物館に行く前に少しお散歩

Londonday3 19

お腹もいっぱいになったところで、少しお散歩をすることにしました。こちら公園と、ひとり用男性トイレです。なんか英国面を見た気がしました。
あとチャリを柵に括り付けるのが、英国流駐輪スタイルみたいです。ロンドン自転車事情は別の記事でご紹介します。

Londonday3 20

携帯電話が普及したとはいえ、まだあるんですよ公衆電話ボックス。赤でかわいいデザインですよね。

Londonday3 21

しかし近づいて見てみると、ピンクチラシだらけでしたw この辺りは日本と変わりませんね。ナイスバディなおねーさんが人気のようです。

そして厳戒態勢の大英博物館へ

Londonday3 22

今回の旅のメインイベント大英博物館に到着。セキュリティチェックのため大行列でした。

Londonday3 23

カバンのチェックが終わって、いよいよ大英博物館内部に突入。

Londonday3 26

研究資料のお部屋だけでこんなにあります。もうここに住みたい。

Londonday3 30

アッシリアの有翼人面像が普通にあったり。

Londonday3 32

教科書で見たアッシュールバニパル王のライオン狩りの壁画があったり。

Londonday3 33

ギリシャからパクってきたパルテノン神殿の壁画があったり。

Londonday3 41

最近のものも展示されていたり。ぐるっと一周するだけで半日。めっちゃくちゃ楽しめました。本当に住みたい。

Londonday3 46

そして最後にお土産物コーナーに来て、ロゼッタストーンの土産ばっかだなと思って、はっ!と気付きました。
ロゼッタストーンを見逃していることに。

Londonday3 42

博物館の人にロゼッタストーンの場所を聞いて撮った写真がこれです。反射でうまく撮影できませんでした。
この石は3つの文字で同じ内容が記されており、エジプトの象形文字解読のきっかけになった石です。
本当だ、3つの文字が書かれているけど、一文字も読めない。西アジア史専攻だったので、少しアラビア文字はかじったのですが、古代の文字は無理でした。

Londonday3 52

滅多に目られない歴史的な遺産に感動して、後ろ髪引かれる思いで博物館を出ると、雨が降っていました。2日間、ずっと晴れていたんですが、ここでやっとイギリスらしい天気に。

Londonday3 54

雨が降ってきたので、ここからは自転車ではなく、バスで移動します。

Londonday3 55

たどり着いたところが、戦争博物館。WW2の戦車とかが置いてあるって聞いてたので楽しみにしてたんです。

Londonday3 56

こちらが内部の様子。飛行機が空に吊ってあります。

Londonday3 59

中はめっちゃキレイにリニューアルされていて展示も見やすいんですが、戦車がほとんどない・・・どうもリニューアルでなくなったようです。ちょっとがっかり。
だた映像を取り入れるなど、今風の戦争博物館になっていました。

Londonday3 60

もっとワクワクする戦車とかが並んでるブログを見てきたので、ちょっとがっかりして博物館から外に出ました。
まだ雨が降っているんですが、イギリスの人はあんまり気にしないみたいですね。僕もフード付きアウトドアウェアを着ていたので、そのままバス停まで歩きました。

フィッシュ&チップスを食べる

Londonday3 61

バスに乗って再びロンドンの中心街へ。ここで最後の夕食に行きます。

Londonday3 62

店の名前を忘れたんですが、フィッシュ&チップスの名店らしいです。食べたんですが、味が薄い。ウエイターがいろいろ味のことを言ってたんですが、よく意味がわからなかったで、受け応えを間違えていたのかもしれません。ただ生臭くはないので、塩をかけて美味しくいただきました。

Londonday3 63

お店を出るとロンドンは夕暮れに。そして、最後の目的地、夜景が美しいザ・シャードに登ります。

Londonday3 64

雨が再び降りそうな感じだったので、今度は地下鉄で移動します。

Londonday3 66

こちらがロンドン旅行の最終目的地、ザ ・シャードです。ロンドンでいちばん高いビルで、最新の観光スポット。東京だと六本木ヒルズみたいな感じでしょうか。

Londonday3 65

まず最初に入り口がわからん。オフィス区画などへの入り口もあり、しばらく探してしまいました。

Londonday3 67

荷物検査を受け、展望台へ。めっちゃ眺めがいいです!こちらはタワーブリッジ側。

Londonday3 68

こちらはビックベン側ですね。夕暮れ時のいい時期に展望台から眺めることができました。

Londonday3 72

最後に展望台から電車の駅が近くにあるのが見えたので、行ってみました。次はここから鉄道の旅をしてみたいですね。

そして朝まで徹夜する

Londonday3 69 1

そのあとホテルに帰ったんですが、帰りの飛行機が早朝発だったため、徹夜をすることに。
小腹が減ったのでホテルの部屋でカップラーメンを食べました。名前がKABUTOヌードル。

Londonday3 69 2

説明書きもぶっ飛んでますね。日本をリスペクトしているのか、面白く書いているのか。

Londonday3 69 3

食べてみると中太麺でなかなか美味かったです。ちょっとスープが少なかったんですが。

早朝の飛行場へ

Londonday3 69

眠い目を擦りながら、ホテルをチェックアウト。始発に近い電車で飛行場へ向かいました。
BAT(免税)の申請などがあるんで時間がかかるかなと思っていましたが、10分ほど並んでクレジットカードを見せて、紙を提出したら終了。まあ高い買い物はベルスタッフのジャケットだけで、しかもお店で紙を記入してくれていましたから。(1ヶ月後くらいでクレジットカードに払い戻されていました)
出国の審査もすんなり終わり。やることがなかったので、残った小銭で、サンドイッチとスプライトを買いました。

帰りもエディハド航空に

Londonday3 70

帰りの飛行機もエディハド航空です。
搭乗までかなり時間があったのでフラフラしていると、日本人女性の方に声をかけられました。話を聞いてみると、入国審査で英語がわからず、バックヤードに連行されて現地の友達に助けに来てもらったそうです。なので搭乗まで一緒に来て欲しいとのことでした。
まあすることもないので、雑談しながら搭乗を待っていましたが、入国時と違って審査がほとんどなく、その子も安心していました。

Londonday3 73

爆睡して、機内食。

Londonday3 75

爆睡して、機内食。

Londonday3 76

帰りの機内食は、イギリス&中東調達のものなので、何かよくわからない料理でしたが、美味しかったです。

そして無事に東京へ帰還

Londonday3 77

帰りは爆睡して気づけば成田空港。そして渋谷へ何事もなく帰りつきました。
3日間しかロンドンにいませんでしたが、結構楽しい旅になりました。次はアフターヌーンティを楽しんだり、郊外の都市を回ってみたいです。
つづく


-イギリス旅行

© 2021 ぶろたび! Powered by AFFINGER5