東海道day7 東海道五十三次

自転車で東海道五十三次の旅day7③ 赤坂宿から藤川宿まで

赤坂宿を出発したのが13時前だったブロンプトンで東海道五十三次の旅day7。朝寝坊したのが痛いですが、今日は名古屋まで行く予定なので、頑張って先へ進みたいと思います。

ルート案内「9kmの山越えコース」

T53map akasaka fujikawa

赤坂宿から藤川宿の間は約9kmの山越えコースです。と言っても丘よりは高く、峠ほど傾斜がないので、ここまで辿り着けた人なら大したことないと思います。
赤坂宿を出ると上り坂が本格化、頂上を過ぎると間の宿・本宿まで下り坂。そこからは緩やかな下り坂を進んで藤川宿に到着します。
見所は、赤坂宿を過ぎたところにある田園ですね。春から夏にかけては美しいと思います。

上り坂を進む

T53d7 085 1

赤坂宿を出てから緩やかな上り坂が続きます。かなり田舎っぽい感じの道になってきましたね。

T53d7 089

街道から外に目を向けると、田植えの終わった田んぼと里山の風景。日本の原風景という感じがします。

T53d7 090

だいぶん山に向かって進む道って感じがしますね。東海道は三河湾オレンジロードの高架を潜って、先へとつながっています。

T53d7 091 1

集落の建物もかなり古いものが中心になってきました。ここから少し先に長沢一里塚の跡があったんですが目印等を見つけられませんでした。

T53d7 091

よく見ると田んぼの畔が石垣でできていますね。このあたりは古くからある田園なんでしょうか。

T53d7 094

街道の横を流れる川の向こう岸は、護岸工事されていません。昔ながらの田舎の土手です。

T53d7 095 1

田んぼと集落が交互に現れる街道の風景を楽しみながら進みます。大きめの集落は自転車通学が多いのか、側道がカラーになっていますね。

T53d7 095

街道脇にあった巓神社の参道入口と常夜灯。これもかつては街道を照らしていたんでしょうか。
ちなみにこの神社はここからさらに山の中にあるようです。

T53d7 097 1

周りの家は大きなお屋敷が多いですね。時代が変わっても街道沿いの雰囲気が町並みから感じられます。

1号線と合流。本格的な登りへ

T53d7 097

ミンクスという謎のホテルの看板が出てきたところで、東海道は国道1号線と合流します。

T53d7 098

前の道が1号線。左折してさらに山を登っていきます。

T53d7 099

かなり本格的な登りになってきました。

T53d7 100

ただ連日の旅で体が慣れてきているのか。かなり好調に登っています。

1号線を一気に降り、本宿へ

T53d7 101

この先が頂上。ここを越えると一気に下り坂になります。

T53d7 102 1

この辺りから加速して降っていきます。

T53d7 102 2

降りの途中で岡崎市へ突入。ひたすら駆け降りていきます。

T53d7 102 3honjyukubunki

間の宿 本宿

東海道は1号線の側道に分岐するんですが、この先で合流できるので、スピード優先でこのまま降ります。ちなみにこの辺りから間の宿・本宿になります。

T53d7 102 4

名鉄の本宿駅の手前で左折して、旧東海道に合流。

T53d7 102honjyuku

ここが本宿の街並み。古代の道路や鎌倉街道沿いの町として古くから栄えていたそうです。
ちなみにここの代官を務めていた冨田家は、科学者や医者、シンセサイザーでおなじみの冨田勲などを輩出しているそうです。

本宿の一里塚

T53d7 103

本宿の街道沿いにある一里塚跡。

旧街道を進む

T53d7 104 1

本宿の街並みを街道沿いに進みます。

T53d7 104

しばらくすると道路の左手に古い家が現れます。

T53d7 105

ここは宇都野龍碩という蘭方医のお家らしいです。
江戸時代に種痘をしたと書かれています。医術の進んだところだったんですね。

再び国道1号線と合流

T53d7 106

本宿を出ると再び国道1号線と合流。看板を見ると本日のゴール「名古屋」の文字が。55km先ですね。

T53d7 107 1

ほぼ真っ直ぐな道。しかも緩やかな下り坂なので、快適に進めます。

T53d7 107 2

このあたりは国道の反対車線を越えたところに旧街道へと分岐する側道があるのですが、タイミングよく渡れず・・・
地図で確認すると、すぐに国道1号線と再合流するので、このまま直進することにしました。

T53d7 107

ちょどこの辺りで、先ほど分岐した旧街道は国道1号線と合流します。

T53d7 108

国道1号線をまっすぐ進んで行くと道の駅・藤川宿の看板が見えてきます。ここで左に分岐する道が旧東海道。そしてその先にあるのが、藤川宿の入口です。

藤川宿に到着

T53d7 109edomituke

ここが藤川宿の江戸見附跡。現在は公園になってます。

浮世絵 藤川宿

Tokaido37 Fujikawa

藤川宿の浮世絵は、この江戸見附にあった棒鼻と呼ばれる場所。新居宿で棒鼻跡は見たんですがどんな場所かはわからなかったんです。本当に棒が立ってたんですね。
ちなみにこの絵は、朝廷に献上する馬が通っている場面らしく、役人や旅人が土下座してます。

T53d7 115

現在の風景がこちら。浮世絵の雰囲気を再現しています。棒鼻だけでなく立て札まで再現されていますね。

T53d7 110

立札の片方は藤川宿の説明。

T53d7 111

もうひとつはこの場所の説明です。東棒鼻跡だそうです。

T53d7 113

東海道ルネッサンスというようわからんイラストがついた看板。この宿場の見所が書かれています。

宿場内をゆく

T53d7 120 1

宿場内の風景です。大きな駐車場もあるので、観光に便利そう。

T53d7 120

こちらが本陣跡。近くに資料館などもあるそうですが、とても行く時間がありませんのでスルーします。

T53d7 134

さらに進んでいくと、こちらが京方見附の跡。西棒鼻跡と立て看板に書かれています。こちらも再現系ですね。

T53d7 136

こちらは藤川を読んだ歌碑。このタイプの石碑は久々。愛知県に入って初めてかもしれません。

T53d7 132kyoumituke

この藤川宿は軽く写真を撮っただけで出発!

時刻は14時すぎ。名古屋に着くのが目標なのに、まだかなりの距離が残っています!急がないと!!
つづく


“前の記事”
“東海道五十三次day7-②御油宿から赤坂宿まで”

今日も寝坊からスタートしたブロンプトン東海道五十三次の旅7日目。御油宿を出た時点で12時を回っていたので、やはり連日の疲 ...


“まとめ記事”
“東海道五十三次day7まとめ・距離・時間・ルート・予算”

さすがに連日の長距離走で疲れたのか朝寝坊から始まったブロンプトン 東海道五十三次の旅day7。いよいよ三河の国から尾張国 ...


“全まとめ記事”
“東海道五十三次の旅「日本橋から京都」全行程まとめ!”

ブロンプトン東海道五十三次の旅、全記事をリンクでまとめました。ひと宿場間でまとめていて、だいたい5km~15kmくらいで ...



-東海道day7, 東海道五十三次

© 2021 ぶろたび! Powered by AFFINGER5