ブロンプトン・パーツ 旅の便利・お得情報

ブロンプトンのスマホ&Goproマウントとしておすすめ「Recmount」

ブロンプトンで旅に出ると、ナビとしてスマホを取り付けたり、撮影用のGoproをくっつけたりすると思います。
僕もいろいろな機材でくっつけてたんですが、せっかくデザインがいい自転車に、ごてごてといろんなものをくっつけるのって嫌ですよね。もう少しいい製品がないかなと思っている時に、すごくいい製品を発見しました!それが「Recmount」です。
自転車や自動車用のさまざまなマウントを出していて、貴重なブロンプトン用のキットもあり、しかもお得です。僕も購入して使っているので、今日は詳しくご紹介したいと思います。

スマホ&Goproホルダ選び 3つのポイント

Recmount 18

まず、自転車用マウント選びに重要な3つのポイントを書きたいと思います。

しっかり固定できること

自転車はそれなりのスピードで走り、サスペンションもないため、かなり振動があります。段差に乗り上げた時など、特に大きな振動が起こるので、固定が緩いものはスマートフォンやGoproが落下してしまうことも。最低限、しっかり固定ができて、安心してサイクリングやポタリングを楽しめる製品を選んでください。

スマホやGoproの取り外しやすさ

自転車で旅をすると、食事やトイレ、写真撮影などで自転車から離れなければならない時がよくあります。そんな時、高価なスマートフォンやGoproをつけっぱなしにしておくのは怖いですよね。だから、素早く取り外せる製品を選ぶこともポイントです。

折りたたみ時の位置

折り畳んで運んでこそブロンプトン。畳む時や輪行する時に邪魔になると困りますよね。
だから自転車用マウントは設置して使えるだけでなく、折り畳んだ時にどの位置にくるのか、壊れたり破損したりする可能性がないのかをしっかり確認しておきましょう。

Recmountがブロンプトンにおすすめの理由

Recmount 14

数ある自転車用マウントの中で、Recmountがお勧めな理由を書いていきたいと思います。

ブロンプトン専用キットにしては安い

まず他社製品に比べると機能性がよく、直販サイトだとかなりお安いブロンプトン専用キットがあります。設置位置もハンドルのセンター。スマホの画面も見やすいし、ハンドルを動かした時のブレも少ないので、Gopro撮影にはぴったりだと思います。

脱着簡単・専用スマートフォンケース

自転車に固定できる専用スマートフォンケースがあります。特にiPhoneだと過去モデルを含めて対応ケースがいっぱいです!
またシリコンでできたゴムで固定するタイプのホルダーもあり、ケースにこだわりたい人やAndroidスマホでも対応可能です。しかも脱着も非常に簡単で、取り外すときはレバーでロックを解除するだけ。がっちり固定できて取り外しも簡単だと、旅先でかなり便利です。

サイクルコンピュータやライトも取り付けられる

キットやパーツを組み替えることで、ライトやサイクルコンピュータなどあらゆる機器を装着できます。組み合わせは、約2万通りほどありますので、ブロンプトンだけでなく、ロードバイクや普段使う自転車にもパーツを購入すれば取り付け可能。利用できるシーンも広がりますね。

今回、購入したのはスマホケース付き「R+BPT2」セット

ブロンプトンのセンターラインにスマホとGoproを取り付けられるマウント、専用スマホケース、その他部品などをひセットにしたR+BPT2セット」を今回購入しました。実際に取り付けて使ってみましたので、キット内容や取り付けについてレビューしていきたいと思います。

開封の儀

Recmount 01

こちらが届いた箱です。なんとポストに入ってました。宛名を剥がしたので汚いですが、届いた時はキレイな状態で届いてましたよ。

Recmount 02

こちらが箱を開けたところです。中身はこんな感じで入ってました。

メインのマウントは丈夫な金属製!

Recmount 03

こちらがメインのマウントキットです。使用する金具やジョイント部品がセットになっています。

Recmount 09

マウントキットの中身です。金属製のマウント部分、マウント下部にGoproなどを接続できるジョイント。マウントを取り付ける際に隙間を埋められるスペーサー。別売のサイクルコンピュータをつけられるキットです。

Recmount 08

マウント部分の拡大です。赤枠のベース部分のベースは、すべて金属製。その上にスマホやGoproと接続するプラスチック製のジョイント部分が接続されています。

普段使いもできる専用スマホケース

Recmount 05

こちらが専用スマートフォンケースです。iPhoneなら古い機種でも専用ケースのストックがあります。

Recmount 11

こちらが中身です。スマートフォンケースと落下防止のストラップです。使ってみた感じ外れる気配がないので、今はストラップをつけていません。

Recmount 12

こちらがケースの外側です。マウントとのジョイント部分は硬めのプラスチック。ケース部分は少し柔らかめのポリカーボネイト素材です。

Recmount 13

内側はクッション材っぽい感じの熱可塑性ポリウレタンです。外のポリカーボネイトともに本体を守ってくれます。また縁の部分がiPhoneより少し盛り上がっているので、画面側から落下した際でも、画面へのダメージを軽減してくれると思います。

Recmount 04

スマホを取り外すときに使うレバーのカラーバリエーションです。好みの色に変えることができます。とはいえ、僕は黒でいいかなと思ったので付け替えていません。

Recmount 06

おまけで、下部のGoproジョイントに接続できるキャットアイ用の接続ジョイントがついてきました。フロントはいまだにマグライトを使っているので、現状は使わずに置いてあります。

Recmount 10

組み立て方や使い方がわかる説明書です。このタイプの製品にしては驚きの丁寧さですね。破損しやすい場所や設置の注意点なども書かれていて、とても好感が持てました。

Recmount 07

そしてRECMOUNTのカタログです。こういう部品が一覧になっているカタログってワクワクしますね。

取り付けてみました!

Recmount 17

こちらがブロンプトンに取り付けたところです。ブロンプトンのハンドルを固定する部分を六角で外して、そこに取り付けます。難しいのはマウントの前後にゴムのスペーサーを入れるんですが、それをねじ穴にはめるのが難しかったです。
スマホやGoporoを取り付けてみると、センターラインにGoproとスマホが集まるので、かなりハンドル周りがスッキリしました。

Recmount 15

まずGoproの方ですがジョイント部分にピッタリ合う窪みがあるのでその部分に接続。さらに赤枠の部分をくるっと回すだけで取り付けが可能です。かなりピッタリはまるので、自転車の振動でがたつくこともありません。

Recmount 16

スマホはGoproよりさらに固定できる構造で、くぼみに合わせてはめ込んだ後少し押し付けてロックを外します。そこからひねるととロックがかかりスマートフォンが固定されます。縦にも横にも固定できるので、好きな向きに変えられるのもいいですね。
また取り外すときは右のレバーを押すだけで、簡単に取り外しができます。

Recmount 19

マウントの角度はGOproをつけた状態でも、浅めにでも深めにでも調整できます。写真は45度くらいの傾きにしてみました。使用した感じだと、もう少し浅めでもいいかなと思いました。

折りたたんでも大丈夫

Recmount 22

マウントに角度をつけた状態でもぎりぎり折りたたむことができました。ただ破損に危険もあるので、垂直に戻して畳んでみました。

Recmount 24

これだとちゃんとホイールや軸を外して折りたたむことができます。僕の場合はSハンドルだからこんな感じですが、MハンドルやPハンドルだと、ハンドルバーの間にマウントが入るので、もっとキレイに折りたためると思います。

実際に撮影してみました

音楽だけつけましたが、Gopro6で撮影した無加工の映像です。センターラインにGoproを付けられるようになったので、ふらふらしがちがブロンプトンでも安定して撮れてますね。
それよりもびっくりしたことは、Goproを逆さまに設置してるのに映像は正対でちゃんと撮れていることですね。Goproすごいなと思いました。

Recmount 20

スマホの下にカメラがつくので操作はiPhoneから行いました。Goproが出しているQuickというアプリを使いましたが、かなり使いやすいですね。
今までハンドルの上につけていたので映像を確認しながら撮影できてましたが、これからはアプリを使っていこうかなと思っています。
とはいえ、すぐにGoproの撮影ボタンも押せるし、少し横から見ると撮影している映像も見えるので、咄嗟に撮影したい場合はボタンを押して録画をスタートさせるかもしれませが・・・

Recmountのおすすめパーツ・キット

それでは実際にRecmountでのおすすめパーツをご紹介していきたいと思います。

スマホとGoproをスッキリ装着「R+BPT2」

上にスマートフォン、下にGoproをつけられるタイプです。シリコンタイプのスマホフォルダーセットのものとマウントのみが選べます。
自転車のセンターに機材を集中して設置できるので、かなりハンドル周りがスッキリします。また見やすい角度に調整することも可能なので、かなり使いやすいです。上側に別売のアダプターを購入することで、Goproやサイクルコンピュータなども取り付けることができます。
スマホケースは別売なんですが、お得なセットもありますので、後ほどご紹介します。

スマホとGoproを単品接続「R+BPT3」

こちらは、スマホまたはGoproを単品で接続できる製品です。「R+BPT2」はMハンドルだと畳む時にハンドルの間にはまってキレイに折りたためるのですが、Sハンドルだと少し飛び出した状態になるので、こちらはSハンドル向けに作られたようです。
スマホケースは別売。シリコンタイプのスマホフォルダーセットのものとマウントのみが選べます。またGopro用のアダプタなどが別途必要です。

スマホケース付き「R+BPT2」セット

こちらは今回買ったセットですね。「R+BPT2」とスマホケースがセットになってさらに交換用レバーまで付いてくるセットです。スマホケースはiPhoneなら旧機種にも対応しているので、自分が使っている機種のケースが見つかりやすいですよ。

シリコン汎用ケース付き「R+BPT2」セット

こちらはシリコン製の汎用アダプターがついたモデルです。スマホをゴムで固定するタイプなので、専用ケースがないスマホやお気に入りのケースを変えたくない方はこちらがおすすめです。

汎用ホルダー付き「R+BPT2」セット

こちらは四隅で止める汎用ホルダータイプです。個人的にはゴムで止めるか固定したほうが安心なので使いませんが、このタイプが好きな方にはおすすめです。

貴重なブロンプトン専用ホルダー

Recmount 18

るRecMountは、かなりシンプルで使いやすく、金属製で頑丈。折りたたみのことまで考えてあるすごくいい商品でした、他のショッピングサイトより直販サイトのほうが安いです。また5000円以上のお買い上げで送料も無料に(5000円以下でも送料は250円ほどの激安です)。ぜひ一度使ってみてください。

-ブロンプトン・パーツ, 旅の便利・お得情報

© 2022 ぶろたび! Powered by AFFINGER5