東海道day4 東海道五十三次

自転車で東海道五十三次の旅day4⑧ 江尻宿から府中宿まで

陽が暮れてあたりも真っ暗になったブロンプトン東海道五十三次の旅day4。江尻宿で宿泊してもよかったのですが、もう少し行けそうだったので、本日のゴールを次の府中宿に定めて進むことにしました。

ルート案内「11kmの平坦なコース」

T53map ejiri fuchu

江尻宿から府中宿の間は、フラットな11kmのコース。住宅街の中に入ったり、JRを何度も横断する以外は、県道407号線と国道1号線という大きな道を進みます。夜も遅く、歴史的な見所は見られませんでしたが、三保の松原や登呂遺跡なんかおすすめです。(この時は行ってないんですがw)

明るい住宅街を進む

T53d4 235

政令指定都市静岡市だけあって、どこまで行っても建物です。街灯もついていて明るいので、どんどん進めます。前にあるのがJRと静岡鉄道の遮断機。ここを渡って、その先へ。

T53d4 236aridoshuku

道なりにずっと進んでいくと大きな幹線道路・県道407号線と合流します。その幹線道路沿いに一里塚跡ががあるらしいのですが、暗くてわからず。またこの先に住宅街に入る脇道が旧東海道になる箇所があるんですが、スピードを上げるため県道407号線を真っ直ぐ進むことにしました。

T53d4 237

旧東海道は並走する住宅街の中なんですが、道路状態のいい新道を走っているので速いです。

T53d4 238migiharasougouundojo

草薙総合運動場の手前あたりで旧東海道が途切れているようなので、迂回路があります。県道407号線を右折し、北にあるJR方向へ。

T53d4 238setudan

JRの線路沿いに来ると、東海道の記念碑があります。

T53d4 239

旧東海道の交通量が減ったので、操車場建設と区画整理で東海道はなくしちゃいましたとのことでした。

T53d4 240

先ほどの記念碑の近くにトンネルがあります。そこをくぐって、JRの北側に出ます。

T53d4 245

しばらく線路沿いを進むと旧東海道が見えてきます。

T53d4 246

右の斜めに走っている道が旧東海道です。左が東海道を寸断したJR。時代の流れなのでしょうがないですね。

T53d4 247

しばらく進むと国道1号線と合流。と思いきやこのまま斜めに直進して、住宅街の中へ。

長沼一里塚跡

T53d4 248

住宅街の中にある一里塚跡です。サクッと撮影して先へ進みます。早く府中宿につきたい!

T53d4 250

住宅街を抜けると再び国道1号線へ。前にあるのがマークイズという大きな商業施設。カジュアル系の有名ブランドが入っているので、びっくりしました。

T53d4 251

国道1号線を走っていると、この歩道橋のところで今度は南へ曲がります。トンネルを抜けてJRの南へ。ここからが複雑です。

T53d4 252

住宅街の中を西へ走ります。

T53d4 253

どうなってんだ!と思うややっこしい交差点を正面右の道へ。北西に進みます。

T53d4 254koukashita

そして再びJRの下をくぐり、線路の北側へ。

府中宿に到着!

T53d4 254fuchuushukuedokata

JRの北側に出て、国道1号線を横断。正面に見える細い道が旧東海道、そして府中宿の江戸方見附跡でもあります。

T53d4 255fuchuushukuhonjin

しばらく進むと府中宿の本陣跡に到着。今日の旅はここでゴールです。

前日の箱根越えからの長距離移動でヘトヘト。このあと、宿泊予定のネットカフェへ行き、シャワーを浴びてから写真の整理をし、すぐに爆睡。しっかりカラダを休ませて、翌日の旅に備えました。
day5につづく!


“前の記事”
“東海道五十三次day4-⑦興津宿から江尻宿まで”

かなり日が暮れてきたブロンプトン 東海道五十三次の旅day4。今日は府中宿まではなんとか行けそうかな?と計算しつつ、先へ ...


“まとめ記事”
“東海道五十三次day4まとめ・距離・時間・ルート・予算”

前日の箱根越えの疲れもあったとは思うのですが、ほぼ道が平地ということもあり、快速に進める旅になりました。ただ箱根を越えた ...


“全まとめ記事”
“東海道五十三次の旅「日本橋から京都」全行程まとめ!”

ブロンプトン東海道五十三次の旅、全記事をリンクでまとめました。ひと宿場間でまとめていて、だいたい5km~15kmくらいで ...


-東海道day4, 東海道五十三次

© 2021 ぶろたび! Powered by AFFINGER5