東海道day11 東海道五十三次

自転車で東海道五十三次の旅day11まとめ 距離、時間、ルート、予算は?

ブロンプトン東海道五十三次の旅も、ようやく京師(京都のこと)にたどり着きました。
思えば長かった!ブログを書くほうがですが。写真や動画をチェックしてルートをGoogle Mapで確認しながら書いていたので、かなり時間がかかりましたね。
それでは11日目のまとめを書きたいと思います。

※詳しい東海道のルートや各宿場の情報は、記事末のリンクをご覧ください。

走行距離16.2km 走行時間2時間

T53d11 1

1宿場分なのでそこまで距離もなく、走行時間も2時間とかなりのんびりしたペースで進みました。新道だと1時間くらいで辿り着けるのですが、旧道で写真を撮りながら行くとこれくらいかかってしまいます。あとちょっと道を迷ったり戻ったりもしたところがあるので・・・

京師三条まで

T53d11 2

大津宿を出発したあと、本日最大の難関大坂山へ。

T53d11 013

逢坂山は狭い上に交通量が多いので要注意です。古代より関所があったのも納得の重要拠点。知るも知らぬも逢坂の関という和歌が頭に浮かびます。

T53d11 026

逢坂を越えるとかなり道が複雑になります。昔から様々な街道が交差する追分が多かった上に、現在では新道も加わって入り組んでいます。

T53d11 059

次に御陵から蹴上の間に、東海道最後の丘があります。ここを越えると京都東山。

T53d11 074

そしてゴールの三条大橋に到着です。このルートは子どもの頃から何回も往復しているので、慣れたルートなのですが、旧道は初めて通りました。

逢坂山と御陵からの上り坂に注意

T53d11 3

このルートで注意しなければならないところは二ヶ所です。

T53d11 010

ひとつ目は逢坂山。ここは道も狭く交通量もかなりあります。

T53d11 052

そして二つ目が御陵からの上り坂です。新道は緩やかな丘を越えるだけですが、旧道はかなり坂が急です。とはいえ、ここまで数々の峠を越えてたどり着いた人には、なんてことない坂ですが・・・

見どころ グルメ

T53d11 076

見どころは京都なのでいろいろあります。三条周辺は戦国から幕末、明治に至るまでの歴史が積み重なった土地。さらに「けいおん」をはじめとするアニメの舞台にもなっていますから、好きなところへ行ってください。

T53d11 094

僕がよく行くのは、とんこつラーメン「みよし」。汚い店ですが、甘みのあるスープと細身の麺が絡み合うキタナシュランかなと。ランチの時間は安いです。
格付けチェックでお馴染みのガクトさんも好きらしいです。

T53d11 099

最近はインバウンドの影響もあり抹茶スイーツが人気ですが、個人的に好きなのは梅園というみたらし団子屋さん。抹茶とのセットで落ち着けます。

予算2500円

飲食2000円 交通費500円
ラーメンとみたらし団子代です。交通費は帰りの分ですね。

まとめ

なんとなくで始めた東海道の旅もいよいよゴール。あとは東京へ帰京する旅を残すのみとなりました。番外編もお楽しみに。
つづく

“おすすめの記事”
“東海道五十三次day11-大津宿から京師・三条まで”

前日は鈴鹿峠を越え、一気に滋賀県を横断。大津宿までたどり着きました。実家に宿泊し、洗濯物等を置いて荷物を軽量化。ゴールの ...


-東海道day11, 東海道五十三次

© 2021 ぶろたび! Powered by AFFINGER5