東京湾一周

ブロンプトンで東京湾一周の旅 day1

山手線一周でブロンプトンのテストが終わったので、日々乗りながらトレーニングしつつ、次にチャレンジしたのが東京湾一周です。順調に行けば1日で終わるんですが失敗やお天気の関係で3日かかることになりました。それでは東京湾一周の旅、1日目のスタートです。

出発は葛西臨海公園から

T1 01 kasairinkai

今回は江戸川区の葛西臨海公園がスタートです。水族館や大きな観覧車があり、デートスポットには最適ですよ。僕の結婚した友達は初デートがここだったらしいです。そんな素敵スポットをスタートにしたのは、比較的に駅と東京湾が近いからですね。振り向けば千葉県な土地なんですが、かなり交通の便がいいんですよ。

お台場まで埋立地の島々を渡る

T1 02 yumenoshima

夢の島の交差点です。かつてはゴミで埋め立てた島もここまでキレイになったんですね。このまま臨海の埋立地を渡っていきます。

T1 03 shinonome

東雲です。「しののめ」と読みます。古文に詳しい人なんかは読めるんじゃないでしょうか。あとアニメのキャラに東雲という奴がいるらしく、それで知ったという人もいます。この辺りは再開発で高層マンションやショッピングモールができ、多くの人々が住むようになりました。この東雲や有明、豊洲なんかは、関東大震災の瓦礫で埋め立てられた島だそうです。今回、この記事を書くときに調べて知りました。

T1 04 ariake
有明に到着です。この辺りはコミケで有名な東京ビッグサイトやテニスの森などで有名ですよね。その辺りはさーっと通り過ぎたので、写真を撮り忘れました。
T1 05 ariake2
橋の向こうにパレットタウンの大観覧車が見えてきました。ここをこえるとお台場です。
T1 06 fujiterebi
お台場といえばこの建物、フジテレビ本社です。真ん中の丸いのが特徴ですよね。夏はこの辺りで大きなイベントをよくやっているので、家族連れで夏休みに東京旅行される方はぜひ。
T1 07 odaiba
お台場の海岸です。ここの土地はペリーが来航して慌てた幕府が急遽建造した砲台の跡地を拡張して埋め立てた土地だからだそうです。そういえば石垣っぽいところがあるのは、その名残なのかもしれません。ここでちょっと休憩、この先は目の前のレインボーブリッジを渡って行こうと思っていたんです。

注意!レインボーブリッジは自転車通行止め

T1 08 rainbow

踊る大捜査線のセリフで「レインボーブリッジ、封鎖できません!」というのが有名ですが、なんと見事に封鎖されていました・・・自転車はこの橋を渡れないそうです。ということで、転進!有明に戻って、そこから銀座まで出ることにしました。

お台場から新橋まで

T1 08 uoichiba

お台場から戻ること数分、目の前に見えてきたのが豊洲市場です。まだ行ったことないんですよね。

T1 09 ariakejitensha

豊洲の道は、なんと自転車道が整備されていました。と言っても一部分だけなんですが。基本は車道の端を走る、やもえない場合は歩道の端を走るというのが自転車の基本ルールなんですが、こういう自転車道を中途半端に作られるとどこ走ったらいいんだろうってなります。自転車道の整備は、これからですね。

T1 10 kachidoki

有明から晴海に渡る橋の上で一枚。東京の高層ビル群が近くなりました。

T1 11 harumitoriton

晴海といえばこの建物・トリトンスクエア。一度も行ったことがないのでどんなところか気になります。

T1 12 kachidoki

さらに進んで勝どきにたどり着きました。下町ってイメージがありますが、高層マンションが立ち並ぶ地域です。

T1 13 tukiji

そのまま進むと築地の場外市場です。市場が移転してから行ってないのですが、ここはどうなっているでしょうね。昔、この近くで働いていたので、徹夜した時は早朝の市場に朝ごはんを食べに行ったりしました。

T1 14 ginza

築地のお隣は銀座です。築地までは銀座から歩いていける距離なんですよ。写真の道奥に見えるのが和光の時計塔です。この時計塔は明治時代に立てられた2代目だそうです。関東大震災後だったため火災対策を考えて石材で作られたそうです。和光という会社は服部時計店(現セイコー)の販売部門が独立してできた会社だそうです。こういう記事を書くと色々勉強になりますね。

T1 15 shinbashi

銀座からは国道1号線を南下します。上の写真は新橋駅周辺です。有名なSL広場とは逆側ですね。

東海道を品川を経て横浜、横須賀へ

T1 16 shinagawa
思わぬ迂回ルートを選択させられたので、ここからは超ハイペースで進みました。上の写真は、品川の宿場町です。ここから急いでいるため、写真がかなり飛び飛びになります。すみません。
T1 17 tamagawa
多摩川の河川敷です。ここを渡ると神奈川県です。
T1 19 meshi
朝から何も食べてなかったので、街道沿いで見つけた川崎の飲食店に。ここでラーメン補給!お店の名前は忘れました・・・
T1 20 turumi
台風などの時には荒れる川でお馴染み、鶴見川の近くです。
T1 21 daikokucho
大きな道に出てそのまま南進します。爆走してました。
T1 22 minatomirai
目の前に横浜みなとみらい!ようやく横浜です。
T1 23 yokohamasugi
ここで休憩を取ることなく、さらに南へ。横浜をすぎると横須賀までアップダウンのある道になります。
T1 24 yokosugamae
横須賀など軍港になる街は守備のために周りを山に囲まれた土地にあるもの。だから山越えです。日がだいぶん暮れてきたのでめっちゃ急ぎます。

横須賀到着

T1 25 yokosuka

そして横須賀に到着!ここまで激走していたので、ほとんど写真を撮れてないんです。目の前に空母みたいなのが!なんていう船なんでしょうか。奥に停泊しているのが南極観測船しらせです。

T1 27 yokosuka

アメリカ海軍の軍港でもある横須賀なので繁華街も異国情緒が漂います。とりあえず、真っ暗になったのでここで進むのは断念。お腹が減りまくっていたので、ここで晩御飯にしました。

T1 28 meshi

食べたのはこのハンバーガー!店の名前を忘れちゃいましたが、超美味しかったです。また食べに行きたいですね。

地獄の宿までの道のり

実はここから写真がありませんが、実は地獄の道のりでした。とりあえず宿泊できる宿を探そうと思いネットで検索して、東京湾横断フェリーの港がある久里浜と横須賀の間のホテルにしたのですが、すごい上り坂だったんです。もう疲れていたし、それなりの距離を走っていたので、あと少し、あと少しと思い登り切りました。

T1 29 yado

そしてホテル到着。翌日は久里浜から千葉の方へ船で渡るので、早々に眠りました。めっちゃ疲れた1日でした。

東京湾一周1日目の走行ルートは

T1 day1map

葛西臨海公園を出発して臨海部を進んでお台場まで。そこから戻って有明から銀座まで出たあと、ひたすら南下。横浜、横須賀へと向かいました。前半のロスがなければもう少し早く着いてたのになと思います。ただ千葉側に渡ると宿などない街だったので、ここで宿泊するという選択をして正解だったのかもと思っています。もう少し早く出て、道を間違えなければ、1日で東京湾一周できたかもしれません。

走行距離90km!最高時速40km!

T1 day1da

走行距離は90km。平地が多いとブロンプトンでもかなり走行距離を稼げますね。走行時間はすみません。疲れ切っていてアプリを切らずに寝てしまったため24時間くらい走ったことになっていますが、実際は12,3時間です。それとびっくりしたのが、最大速度39.5km。めちゃくちゃ急いでたので、こういう結果になりました。平地だとコンスタントに時速10〜20kmくらいで走れます。ただ疲れをうまくとらないと翌日残るのでストレッチは大切です。

山手線一周の2倍ほどの距離を走る

前回の山手線の約2倍くらいの距離を走れたので、かなり自信がつきました。ただ翌日、さらに地獄を見ることになったのですが・・・この時の僕は明日は千葉の海岸線をのんびり走行と思っていたのです・・・・

ブロンプトンで東京湾一周の旅day2につづく。


“まとめ記事”
“東京湾一周まとめ・ルート・距離・グルメなど”

ブロンプトンで走った東京湾一周の旅は、トラブルや天候に邪魔されて、結果、3日かかることになりました。ロードバイクなら1日 ...

-東京湾一周

© 2021 ぶろたび! Powered by AFFINGER5