東海道day2 東海道五十三次

自転車で東海道五十三次の旅day2② 戸塚宿から藤沢宿まで

保土ヶ谷宿を出発して戸塚宿まで辿り着いたブロンプトン東海道五十三次の旅day2。戸塚宿ではほとんど観光をせず、本日の最終ゴール・小田原宿を目指して次の藤沢宿へと急ぎます。

ルート案内「8kmのアップダウンがあるコース」

T53map totu fuji

戸塚宿から藤沢宿までは国道1号線に沿って走るアップダウンのあるコースです。
戸塚宿を出ると大坂という傾斜が緩くて長い坂を登ります。そこからはずっと下り坂なのですが旧街道はアップダウンがあります。藤沢直前で国道1号線と分岐。最後に小さな丘を越えるとゴールです。山に挑戦したいけどアップダウンが心配という方におすすめのコースです。

土地名が「大坂」ということは・・・

T53d2 057osakashita

戸塚宿を出ると大坂下という交差点に出てきます。こういう名前の場所は・・・

T53d2 058ooska

やはり上り坂ですね。ここを登っていきます。

T53d2 059oosaka

傾斜としては緩やかなので、ブロンプトンでも十分登れます。

T53d2 060oosakaue

大坂上という交差点に来ました。上ということは頂上かなと思ったんですが、もう少し登りが続きます。

T53d2 061oosakaue

この辺りが頂上ですね。ここで戸塚宿の直前にある不動坂で別れた国道1号線の新道と合流し、藤沢まで一気に降っていきます。

T53d2 062oosakasugi

国道1号線やその脇にある側道を走るのですが、路面状態もよく、快調に進むことができます。

T53d2 063ooskasugi

下り坂はまだまだ続きます。ちょっと大きめのトラックも通る道なので、注意しながら進みます。

原宿一里塚跡

T53d2 064harashuku

道の途中に原宿一里塚跡がありました。先を急ぐので写真を撮っただけですが・・・

さらに藤沢まで下り坂が続く

T53d2 065jinnjya

傾斜もまだありますが、徐々に住宅街に入っていきます。

T53d2 066harashuku

原宿というところです。若者の街ではない、普通の住宅街に。

T53d2 067kansendoro

そして国道1号線は整備の行き届いた幹線道路になります。この道をそのまままっすぐ進みます。

T53d2 068kansendoro

こういう分岐した道に入ると旧道はアップダウンがありますので、ひとつひとつ乗り越えます。

T53d2 069textuposhuku

分岐のポイントが分かりづらいのですが、東海道は国道1号線と分岐して県道30号線に入ります。下り坂も緩やかになり、ほぼ平地に。

T53d2 070fujisawamae

このあたりで下り坂は終了。最後に目の前にある小さな丘を越えれば、目的地の藤沢宿です。

藤沢宿に到着

T53d2 071fujisabashi

藤沢の入り口、藤沢橋です。ここを渡ると藤沢の街に。

T53d2 072fujisawabenzai

橋を渡ったところにあるのが、江ノ島弁財天への道を案内する道標です。

T53d2 073fujisawabenzai

どうも古い道標らしいのですが、移築してこちらに持ってきたものらしく、藤沢市内にあるもののひとつだそうです。

T53d2 074fujisawa

さっきの道標の横に、大きな藤沢宿の案内看板が立っています。観光するには一度ここに来るのがいいですね。

T53d2 076fujisawakanban

さらにその横にも藤沢宿の案内看板が。宿場で街を盛り上げようという意気込みが伝わります。

浮世絵 藤沢宿

Tokaido06 Fujisawa

藤沢宿の浮世絵は、橋を中心に江ノ島弁財天の鳥居があって、奥に遊行寺が見えるという構図です。

T53d2 075fujisawa

ここが浮世絵のモデルになった橋。奥の緑地がお寺です。ちょっと絵とは違いますね。

T53d2 079fujisawa

こういう宿場の交流会館もありました。宿場観光にかなり力を入れています。

T53d2 077fujisawa

交流会館の横にも立て看板が。地図付きで現在地を表示しています。

T53d2 081fujisawa

そして藤沢の宿場町を進みますが、面影はほとんどありません。

T53d2 082fujisawa

いい感じの古そうな家屋を発見しましたが、江戸期からの建物ではなさそうです。

本陣跡地の近くにラーメン屋発見!

T53d2 083fujiswameshi

本陣跡を探していると、近くにラーメン屋さんを発見。OKAWARIというお店です。時間を見るとちょうどお昼時。美味そうなのでここで昼飯にしました。

T53d2 084fujisawameshi

スープは鶏白湯。チャーシューは炙ってあり、見た目からも食欲をそそります。そしてめっちゃ美味かったんですよ。こってりとしたスープも味わい深かったです。

T53d2 085fujisawameshi

そして一緒に頼んだチャーシュー丼。マヨが効いていて、チャーシューとの相性もバッチリ。宿場の旅っぽくない昼食ですが、当たりのお店でした。

この辺りが本陣跡

T53d2 086fujisawa

この辺りが本陣跡なんですが、特に何にもありませんでした。見つけられなかっただけかもしれませんが・・・

藤沢宿でうまいラーメンを堪能したので大満足!小田原まで行くエネルギー充填完了です!次は平塚宿だ!
つづく


“前の記事”
“東海道五十三次day2-①保土ヶ谷宿から戸塚宿まで”

前日は横浜の超キレイなカプセルホテルに宿泊してしっかりリフレッシュ。朝起きてから、前日のゴールだった保土ケ谷宿へ移動しま ...


“まとめ記事”
“東海道五十三次day2まとめ・距離・時間・ルート・予算”

折り畳み自転車ブロンプトンで行く東海道五十三次の旅も二日目。 前日は軽くカラダを慣らすための短距離移動でしたが、2日目は ...


“全まとめ記事”
“東海道五十三次の旅「日本橋から京都」全行程まとめ!”

ブロンプトン東海道五十三次の旅、全記事をリンクでまとめました。ひと宿場間でまとめていて、だいたい5km~15kmくらいで ...


-東海道day2, 東海道五十三次

© 2021 ぶろたび! Powered by AFFINGER5