東海道day10 東海道五十三次

自転車で東海道五十三次の旅day10②関宿から坂下宿まで

前日はたっぷり休息したので順調にスタートしたブロンプトン東海道五十三次の旅Day10。素敵な宿場の雰囲気が残る関宿を後にして、次の坂下宿へ向かいます。ここは鈴鹿峠直前の宿場。どんなところなのか楽しみです。

ルート案内「7kmの上り坂コース」

T53seki sakashita

関宿から坂下宿の間は、7kmの上り坂コースです。
一部傾斜が厳しいところがありますが、そこをクリアすれば荷物を積んだブロンプトンでも十分登っていけます。

見所は街道沿いの長閑な集落。日本の原風景を楽しめます。

国道1号線を進む

T53d10 039 1goryu

関宿を出るとすぐに国道1号線と合流。目の前にあるびっくりやが目立ってますね。道路標識を見ると故郷の大津まで63km。まだ結構ありますね。

T53d10 040

もう少し進むと東海道は右に分岐するので、歩道を進みます。

T53d10 041

目の前の看板を見ると鈴鹿峠という文字が、ちょっとずつ坂の角度もアップしてきました。

T53d10 042

鈴鹿川の手前で東海道は右に分岐します。

T53d10 043 1

まっすぐ進むとちょっとした集落に。

T53d10 043

集落を抜けて鈴鹿川を越え、さらに目の前の国道1号線を越えて行きます。前にある細い道が旧東海道。

T53d10 044

集落を抜けると再び国道1号線に合流。ここからはずっと1号線を進みます。

T53d10 045 1

比較的緩やかな坂なので快適に進めるのが有難い。もしかすると鈴鹿はそこまで厳しくないのかも。

T53d10 045

楽勝ムードを打ち破る「この先急カーブ」の看板が。これはやばい雰囲気がしますね。

浮世絵 坂下宿

T53d10 046

ここで出てくるのが、坂下宿で描かれた浮世絵のモデル「筆捨山」。看板の説明によると狩野元信があまりの風景の美しさに筆を投げたという逸話があるそうです。

Tokaido48 Sakanoshita

実際の浮世絵がこちら。山を見るための茶屋があったんですね。

T53d10 047ukiyoe

一応、看板のあるところから山を撮影してみました。うーん。なんか違う。

T53d10 048

ちょっと違うところから撮影。これも違いますね。

T53d10 049

もう少し進んだところ。これくらいが浮世絵と同じような構図になりましたね。

どんどんと山道へ

T53d10 051 1

鈴鹿川沿いを走る国道1号線を進みます。だんだん山の中に入ってきました。

T53d10 051

鈴鹿川を渡る橋の上から1枚。さっきまで大きな川だったのに、もうこんな小さな川になっています。

市瀬の一里塚

T53d10 052ichiri

本日ひとつ目の一里塚跡。ぱっと見て何もなかったんですが、バラックの左に石碑っぽいものが。

T53d10 053

拡大して見ると一里塚跡でした。今日はまだ一里くらいしか進んでないんだと、ここで気付きました。

集落の間を街道は巡る

T53d10 054usetu

一里塚から少し進むと旧東海道は国道1号線から分岐し、右の集落へ。

T53d10 055 1

しばらくは長閑な集落を進むことになりそうです。

T53d10 055 2

川や崖があるところは何もなく、開けた土地に出ると集落が現れます。

T53d10 055

少し開けた土地に出ると田園が広がっています。

T53d10 057 1

集落が点在する道をひたすら登って行きます。

T53d10 057

丘の上に天文台が、地図で確認すると鈴鹿峠自然の家だそうです。そちらの方へ旧東海道はさらに細い道に分岐。

T53d10 060

鈴鹿峠自然の家には子どもたちが多く来るからか、道沿いに宿場が書かれた杭が打たれていました。よく考えると、この最初の日本橋からここまで来たんですね。

T53d10 061 1

鈴鹿峠自然の家を過ぎてしばらく進むと、先ほどまで集落の中を通っていた道と合流。もう少し進むと坂下宿です。

坂下宿へ到着

T53d10 061edomituke

こちらが坂下宿の江戸見附。このあたりは旧東海道も二車線になります。

T53d10 062

大きなお屋敷もあり、道を拡張した時に潰したのか古い家が少ないです。

T53d10 065

こちらが本陣跡。茶畑になっているという新しいパターンです。

T53d10 063

記念碑的なものがこの看板しかなかったので、そこで記念撮影。

T53d10 066

これから向かう鈴鹿の山々を撮影。なんか思ったより高くないですね。

T53d10 067kyoumituke

集落を抜けたこのあたりが、坂下宿の京方見附。いよいよ鈴鹿峠越えに挑みます。本当に鈴鹿峠は厳しいのか?
つづく


“前の記事”
“東海道五十三次day10-①亀山宿から関宿まで”

前日はほぼ休息日にして、伊勢神宮にお参りしてきました。そして本日、ブロンプトン東海道五十三次の旅10日目は、いよいよ鈴鹿 ...


“まとめ記事”
“東海道五十三次day10まとめ・距離・時間・ルート・予算”

亀山宿の外れにあるホテルを出発して、鈴鹿を越え、近江の国に突入した東海道五十三次の旅day10。前日しっかり休養したので ...


“全まとめ記事”
“東海道五十三次の旅「日本橋から京都」全行程まとめ!”

ブロンプトン東海道五十三次の旅、全記事をリンクでまとめました。ひと宿場間でまとめていて、だいたい5km~15kmくらいで ...



-東海道day10, 東海道五十三次

© 2021 ぶろたび! Powered by AFFINGER5