旅の便利・お得情報

自転車旅行好きには、ロードサービス&保険のCyclecallがおすすめ

旅に出ると事故や故障がつきもの。自動車やバイクは様々なサービスがあって選び放題なのですが、自転車は近年事故が多発しているため保険はあるものの、ロードサービスはまだまだ少ないです。そんな旅好きの自転車乗りに最適な保険が、ZuttoRide社が提供するロードサービス付き&保険「CycleCall」です。

ロードサービスや保険は必要か

まず保険は入っておいたほうがいいです。僕の場合はなんでも効く損害保険に入っていて、それに自転車保険をプラスしています。特に自分の事故より、対人事故の加害者になった場合、かなりのお金が必要になることがあります。事故をしないことが大切ですが、もしもの備は旅に欠かすことができません。
ロードサービスについては、自転車で行く場所にもよります。家の近所を走るだけならいいですが、峠や自然豊かな田舎に行くなら、備えていおいたほうが安心です。

バイク保険で実績のあるZuttoRido社

この会社はバイク専用のロードサービス+保険を低価格で提供する会社として有名です。昔、バイクに乗っていた時に僕も自賠責や任意保険にプラスして入っていたことがあります。
実績もあり、補償もしっかりしてくれる会社。特に2輪を楽しむ人たちのことを考えてくれているのが嬉しいところです。

安心いっぱいのロードサービス&保険「CycleCall」の特長

Charihoken2

このサービスはバイクで培ったノウハウを自転車に応用したものです。特に自転車で旅をする人にはうれしい特長がいっぱいです。

最大100km無料搬送してくれるロードサービス

タイヤのパンク、車体の破損、チェーン切れ、交通事故、電動自転車のバッテリー切れ。自転車で旅を続けたり遠出をすると様々なトラブルに出会うことがあります。修理できればいいのですが、激しい損傷や自身が怪我をしている場合は、駅の近くや自転車屋さんまで運ばなければなりません。
そんな時に役立つのが、このロードサービス。プランに合わせて50kmから100kmまでは無料で搬送してくれるので、自宅や最寄りの駅、近くの自転車屋さんまで運んでもららうことができます。
これだけ運んでもらえれば、たとえ山の中でも助かりますよ。
(※年4回まで、自宅から1km以内は対象外だそうです。)

最大1億円保証の自転車賠償責任保険

最近、自転車が人と接触事故を起こすことが問題になっていて、自転車保険の加入義務化も求められる時代になっています。
CycleCallには、自転車賠償責任保険付きのプランがあり、最大補償は1億円。加害者となった場合に人の怪我やモノの破損に対して補償をしてくれるので、もしもの時にとても安心です。いつ自分が加害者になるかわからない時代、こういう保険もありがたいですね。
※自分の怪我は対象外、またレース中の事故も対象外です。お気をつけください。

24時間365日受付コールセンター

24時間対応なので、もし夜中や休日に事故をした時でも、電話をすれば対応してもらえます。

全国1万拠点以上のサービス網

全国のいろんなお店と提携していて、もしもの時に対応できる拠点が1万カ所あるそうです。提携しているバイク屋さんの話によると、たまに対応が悪いお店もあるという噂もあるそうですが、2輪は助け合いを大切にする世界。提携店同士が助け合って、ロードサービスを維持しているそうです。
JAFのようにロードサービスの専門家が来るわけではないので、無理を言わないようにしましょう。

年齢・国籍制限なしで加入できる

年齢制限や国籍制限もないので、気軽に入れます。日本を旅するという外国の人がいれば紹介してあげていください。

選べる3つのプラン&価格

Charihokenplan

プランは3つあり、ロードサービスの距離と、自転車賠償責任保険の有無で変わってきます。支払い方法は年払いのみですが安いです。
保険を別で入っているならプランS、賠償責任保険が必要ならばプランMに入っておくのがいいと思います。
次に長期旅行に行くときは、プランSに入ろうかと僕自身は思っています。

ロードサービスだけでも入る価値あり

自分が怪我した時の補償がない分、安くなっているのがこの保険の特長。昔からロードサービスがメインで、バイクの時もそれが目当てで入っていました。
できればバイクのように盗難保険をつけてほしいなとも思うのですが、一般的な自転車保険と考えるとコストとサービスのバランスが取れていると思います。まだ自転車保険やロードサービスに入っていない方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

-旅の便利・お得情報

© 2021 ぶろたび! Powered by AFFINGER5